長野市 権堂町「つけ蕎麦 尚念」

こんにちは、Teraです。

今回は長野市権堂駅の近くにある「つけ蕎麦 尚念」へ行ってきました。

2016年11月3日にオープンしたラーメン店!

店主は「麺屋 青山」「つけ麺 道」で修行経験があるそうです。

私はどちらも食べたことないです(^-^;

店内は狭いですが、和風で良い感じ。

席はカウンター5席のみでした。

11時半ころに店に着くと、既に満席。

一人が外で並んでおりましたので、その人の後に並ぶ。

すると店から店員が出てきて「寒い中ありがとうございます」とメニューを渡してくれました。

とは言っても、ここ「つけ蕎麦」しかないんじゃ!?

と思ったら今日は限定で中華そばもやっているとのこと。

うーん、しかし初めてきたのだから主力であるつけ蕎麦を味わってみたい!



というわけで、つけ蕎麦を頼みました!

どん!

つけ蕎麦 1,000円

まず見た目は大変好印象です。

麺の色が蕎麦のよう。

メニューに素材のこだわりが書かれています。

つけ汁は豚骨と鶏を炊き上げ、いりことハマグリも入っているのだとか。

は長野県、群馬県、福岡県の小麦粉と信州蕎麦粉を加えた自家製麺。
なるほど~、やはり麺の色はそば粉でしたか。
しかし、長野に群馬に福岡の小麦だと何が良いのか分からないですね(^-^;

チャーシューは豚バラ肉を醤油で煮込んだものと、低温調理した肩ロース、鴨の胸肉のロースト。
ぶっちゃけ麺とかよりこれが一番美味しかった!(;’∀’)

焼き海苔は右が有明海苔、左が瀬戸海苔、確かに食べ比べると違う・・・!
けど、双方とも美味しいので二種類要る必要性があるのかなぁ。

薬味には長ネギ、小葱、赤玉葱。
しっかり処理されているので臭みなし!

スープ割りは鰹、昆布、貝で出汁をとったスープ。
もちろん頂きました(*’ω’*)

うん、こだわっているだけあって美味しい。

ですがパンチ力に欠けるような印象でした。

評判がかなり良かったので期待しすぎていたのかもしれません。

店員の対応はかなり良く、味だって良いと思う。

価格が1,000円というちょっと高めな設定が満足度を下げているのかなぁ。

店主も随時新メニューの開発を行っているようですし、今後も期待できるお店だと思います。

戦闘力48,000!

お店情報!

店名:つけ蕎麦 尚念(ツケソバ ショウネン)
ジャンル:つけ麺
定休日:火曜
電話番号:不明
営業時間:11時00分〜14時00分、18時00分〜21時00分(材料無くなり次第終了)
住所:〒380-0833 長野県長野市鶴賀権堂町2212-16

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする