初めて自転車でヒルクライムしたら理想と現実が違い過ぎた!

皆さん、こんにちは。

Teraです。

さて、今週末の土日はWEXイースト第4戦!

レイニーGAIA大会が開催されます!

現在の天気予報では開催地の長野県大町市は大会前日の6月23日(土)が晴れのち曇り、大会当日の6月24日(日)が曇りとなっております。

天気は大丈夫そう!

前日入りしてキャンプします(*’ω’*)

さてさて、そんなレースに向けて練習しないといけません!

あまり怠けていると遅い順位がさらに遅くなっていってしまいます…(;’∀’)

という訳で先日(6月17日[日])はGAIAに練習に…

行こうと思っていましたが!

体力づくりのため自転車に乗りました!

私のクロスバイク、Bianchi(ビアンキ)のMetropoli(メトロポリ)です。

荷台に泥除け(リアフェンダー)も付いていて、街乗り快適仕様。

普段は通勤に使用しております。

ロードバイクというのは余分なものを取っ払い、いかに軽量化させるかという所に重点がおかれますがクロスバイクは街乗りに視点を向けた仕様でなるべく軽く、なるべく使いやすくを目指しているようです。



クライマーに!俺はなる!

普段はヘルメットを被っていないのですが、何かあった時のために買いました。

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)のヘルメッツ!

私の使っているハイドレーションバッグ(アチェルビス)が黒と緑だったのでカラーを合わせました。

※参考商品

早速登りだすと…

なにこれ辛すぎ。

▼登りだす前の想像(理想)

鼻歌まじりに軽快にヒルクライム。

ペダルを漕げば漕ぐほど色んな景色が流れていき、良い感じに汗をかく!

しかし…

▼悲しい現実

前後ギアを一番軽くしているのにとても重いペダル…。

すぐに足の筋肉が張ってきて力尽きてしまいます…。

そして自転車を降り、トボトボ自転車を押しながら徒歩で登山…。

筋肉の張りが収まったらまた自転車に乗り、少し登るもすぐに力尽きまた徒歩で登山…を繰り返しました(;´・ω・)

MTBに乗る先輩と一緒に行ったのですが、先輩はどんな坂でも足を着かずに登り切っており、自分はどの坂も激坂だと感じるくらいよく足を着いてました…。

これはビンディングシューズが必要なのかも?

自転車専用の靴で、底にはクリートと呼ばれる金具を設置でき、その金具をペダルと固定することで100%の力でペダルを漕ぐことができます。

ペダルと足が一体化することで、通常だと漕ぐ力のみですが、引く力もペダルにかかり「早く走れる」「ペダリングの効率が上がり疲れにくい」「筋肉や関節への負担が減らせる」という利点があります。

というか登りはこれないと無理ゲーかも…。

先輩も「ビンディングシューズ履いて再挑戦だ」と言っていました…。



体力の無さを痛感!

長野県の姨捨山を登り、姨捨駅を通過して聖高原側へ。

有名なアラレちゃんカーブを過ぎたら左折して大池キャンプ場を過ぎて猿ヶ馬場峠へ。

写真のところは筑北村と千曲市との境。

右側直進すると林道大池線があり、以前セロー225で来たことがあります。

バイクで来ればあっという間の場所なのに、自分の足で登るのは時間もかかり疲れます…。

ですが、まだまだ登ります!

御堂筋

いつかはこのくらい勢いよく登りたい!
弱虫ペダル 京都伏見高校 御堂筋翔くん。

終盤はほとんど歩きながら登っていましたが…

何とか登頂に成功!

三峯山頂、標高1131m!

聖山高原県立公園!

そこまで重くない自転車がとても重く感じるくらい疲弊しとりました(;’∀’)

今回は先輩と同行してサイクルコンピューター(サイコン)で時間を計ってもらいました。

今後はそのタイムを塗り替えていけるように練習していきたい!

…まずはサイコンとビンディングシューズ買わねば(;’∀’)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする